使い方を間違えると危険なクスリ

デパスとは、抗不安薬でありチエノジアゼピン系に属するクスリとなっています。
またベンゾジアゼピン系と同じ作用ももっているクスリです。
多くの新薬は海外で開発され製品化されていますが、このクスリは純国産のクスリとなっています。
不安感や緊張感を取り除いてくれたり、気持ちをリラックスさせる効果があり、うつ病や心身症、統合失調症などの精神疾患に使用されたり、睡眠障害の中でも入眠障害の方に睡眠導入剤としてしようされることもあります。
筋弛緩作用もあるので、けいれん性の症状を伴う病気や肩や首のコリ、腰痛などに症状の方に使われることもあるクスリとなっています。
多くの症状に効いてくれるので、病院などで処方される場合にも精神科に限らず、様々な科で処方される機会が多いクスリとなっています。
有効成分はエチゾラムという成分で、作用は強く、半減期が短く6時間ほど作用が持続されます。
注意が必要なのは、作用が強くて半減期が短いクスリの副作用の中にある依存症には注意が必要です。
クスリの効果が強いため頼りがちになってしまったり、すぐに効き目が切れてしまうので服用回数が増えてしまいがちとなります。
なので服用期間も長くなりがちで、長期連用をすることで依存症になってしまう危険性があります。
依存症になってしまうと、急な断薬をしたりしてしまうと離脱症が起こってしまい、辛い症状に苦しむことになります。
常に服用するクスリではなく、うつ病などの症状が特に辛い時に服用する補助薬程度に考え服用するようにしてください。
またデパスの服用方法も自己で判断するのではなく、医師と相談し、決められて量や期間だけ服用するようにすれば、依存症などの副作用が発現するリスクは下げることができるので、服用量や期間は守るようにしてください。
しっかりとした効き目があるので、人気の高いクスリでもあるので多くのジェネリック医薬品も登場していますが、服用経験がある方以外は購入は控えた方がいいかもしれません。