日本の精神安定剤の薬

デパスとは、精神安定剤としてとして優秀な薬として一番評判があり、知名度もある商品だと思います。
最近では、このデパスのジェネリック医薬品としてエチラーム?デパスという薬も出ている。
デパスといっても、種類はいくつがあり、成分量で分けられている。
こういった精神安定剤系のお薬は特にこの成分量によって、効果が大分変わってくるので、これから利用しようと考えている人は気をつけてほしい。
単純に精神安定剤ときくと、うつ病の薬だと思われる方がほとんどだろう。
だが、そんなこともなく、他にも不安症や、緊張、睡眠障害にも有効だと言われており、実際に処方されている。
このデパスはあくまはじめに述べたように、精神安定剤の代表例としてあげられるが、
他にも同じような薬が存在している。
具体的には、そのパキシルもその1つとされる。
デパスとの違いはまずこの成分量が違うのと、どちらかというと効果が強いとされている。
パキシルは要は抗うつ剤なので、かなりその効果が強く、さらにパキシルジェネリックが新薬として開発されると、今までの抗うつ剤と比べ大分安価に入手することができるようにもなった。
有効成分はパロキセチンが配合されており、スルピリドのような抗精神病のような、同号失調症の治療薬のような効果も期待が出来るといわれている。
このような精神的な面で安らぎを与えてくれる薬がここ数年で、ジェネリック医薬品として流通している。
精神的な乱れからくる体調不良なども医学的に証明されているので、こういったデパス、パキシル、そして抗うつ剤といって商品、それもジェネリック医薬品により、気軽にそして安価に入手することができるようになったので、利用することを是非おすすめしたい。
ただ、精神的な薬を服用することに日本人は特別に抵抗がある傾向がみられる。
アメリカでは割と以前から精神疾患の薬や、精神病とされる薬を普段から処方してもらうことが多々ある。
日本でも早くそういった偏見のまなざしで見られることがない社会になっていくことがまずは大切であるかと思う。